MENU

理想的なアルギニンの摂取量と時間

 

小さな子供を持つ親としては、子供の身長が順調に伸びるのかと不安を感じてる人もいるのではないでしょうか。特に男の子の親としては、少しでも伸ばしてあげたいと考えている人は多くいます。この身長には成長ホルモンが関わっていて、この成長ホルモンはアルギニンを摂取することにより増えると言われています。このアルギニンの摂取量は大人と子供とでは違います。子供の適量としては4~5グラムで、摂り過ぎることで悪影響を及ぼす可能性もあるので、過剰摂取は注意が必要です。また、このアルギニンの摂取は時間帯も大切です。摂取するタイミングとして、運動をする1時間前と寝る前の2時間前が挙げられます。小学生や中学生では、クラブや部活などで運動をする前の1時間前の摂取が理想となるのですが、学校でアルギニンを摂取するのは恥ずかしいという子もいます。そのため、寝る前の2時間前に飲むのが最適です。この2時間前という理由としては、寝てから1.5時間~2時間ぐらいで成長ホルモンの分泌量が増加すると言われているためです。また、ゴールデンタイムとも呼ばれる22時~2時帯も成長ホルモンの分泌量が増える時間帯なので、この時間帯を利用してアルギニンを摂取することでより効果的なケアをすることができます。

 

 

 

かつお節や海老のアルギニンの含有量

 

アルギニンという言葉をあまり知らない方も多いと思います。アミノ酸の一種のです。
人の身体にはなくてはならないアミノ酸ですが、中でもアルギニンは体の中で次のような効果を発揮します。
まずアルギニンサプリは代謝の過程で一酸化窒素を生みだします。この一酸化窒素は血管を拡張する効果があり、血流の改善が見られます。またこの代謝の過程において、体内のアンモニアを取り除き、乳酸を代謝させる働きがあることがわかっています。つまり摂取することで、疲労回復の効果があるということです。
また脳下垂体にも作用し、成長ホルモンの分泌を促す作用があります。体内のタンパク質合成を促し、筋肉や骨の増強、疲労回復、怪我の回復に役立ちます。
成長ホルモンは加齢とともに分泌量が減少していきます。アルギニンを摂取することは若い時の体の状態に近づくため、加齢に伴う怪我や、体力低下の改善に効果的です。
ではアルギニンを効果的・効率的に摂取するにはどんな食材か良いのでしょうか。
含有量が高いものとしては、かつお節があげられます。かつお節の含有量は100g中4000mgと他の食材に比べてダントツに多く含まれています。また海老類にも多く含まれており、車海老、芝エビ、伊勢海老には100g中2000mg含まれています。