MENU

血管年齢の若返りにアルギニン

 

血管年齢と言われても実際にどういうことなのか思いつく人は少ないと思いますが、血管に硬さやしなやかさがなかったり、詰まりやすい状態にあると非常に脆い血管となり、動脈硬化など生活習慣病の原因となります。生活習慣病はタバコや脂っこい食事が原因とされますが、タバコでは毛細血管が収縮し、脂っこい食べ物では血糖値が上がることで血液がどろっとした状態になり、血管が詰まりやすくなります。こうした状態を血管年齢が老けているとされ、健康に悪い結果を生むことになります。アルギニンはアミノ酸の一種で、体内でシトルリンと相互変換を行うことで、血管拡張を行う一酸化窒素を作り出します。血管が拡張されることで血栓の予防となり、より血液が流れることでサラサラの状態になります。血流改善や血管の柔軟性の維持に効果があり、生活習慣病の予防や冷え性、むくみの改善にも役立つとされています。また、成長ホルモンの分泌を促進したり、筋肉増強や疲労回復にも役立つことから、大人だけでなく子どもにも必要な成分と言われています。一酸化窒素は加齢によって生成される量が減少するので、アルギニンを接触的に摂取して、一酸化窒素の生成を促して血管年齢の若返りを目指しましょう。

 

 

アルギニンの摂取量を徹底検証

 

アルギニンはアミノ酸の一種で、骨や筋組織など体内の様々な場所で使用される栄養素です。成長ホルモンの分泌を促進させることから、子どもの骨や筋肉増強を行い、成長期には必須アミノ酸とまで言われています。また、筋肉を増やす目的でプロテインの代わりに使用したり、脂肪細胞の燃焼を促進することから、新陳代謝を良くしてダイエットに使用できるなど、様々な目的から利用できる栄養素と言われています。しかしこのアルギニンサプリが十分な効果を発揮するには、1日の摂取量が2,000~4,000mgは必要とされています。アミノ酸が集まって構成されるタンパク質を含む食品に多く、最も多いものでぶたゼラチンが100gあたり7,900mgあり、その他にも鶏肉や牛肉、魚介類ではマグロやエビ、大豆などの豆類から摂取できます。日常の食事でも比較的に摂取しやすい栄養素ですが、過剰摂取すると体に影響が出るようになるので、ほどほどにしておくことが大切です。およそ5gの摂取で下痢などの症状が出やすくなり、40gを超えたあたりでは肝腎機能障害が起こることがあります。サプリメントで補給しようとしている人は、食事に含まれるアルギニンの量を確認しながら摂取するようにしましょう。